INEXPERIENCED PERSON

自転車競技未経験の方も歓迎!

日本競輪選手養成所は自転車競技の経験が無くても受験することができます。さらに、スポーツ競技で優秀な成績を収めた者を対象に、特別試験制度があります。平成29年度には募集要項を改正し、自転車競技の経験が無い方や他スポーツ競技経験者の方がより受験しやすくなりました。これまでに陸上、野球、バレーボール、スピードスケート、ハンドボール等々、様々なスポーツから競輪選手になった先輩がいます!

メールでの問い合わせ・応募(一般・特別)が可能になりました。

他スポーツから競輪選手になった先輩たち

武田豊樹

【オリンピック出場経験を生かし特別試験に合格!】

スピードスケート選手として活躍し、2002年ソルトレイクシティ冬季オリンピックに出場経験のある武田選手。競輪への転向を目指し特別試験により旧・日本競輪学校に入学しました。競輪選手になってからもスケートで鍛え抜かれた脚力を生かし、数々のビッグレースで優勝、2014年には競輪の最高峰レース「KEIRINグランプリ」で優勝し、見事その年の頂点に輝きました。これまでに獲得した賞金額は14億円を超え、現在競輪界を牽引するトップ選手となっています!

武田 豊樹(茨城・88期)
尾崎睦

【新たな挑戦!新たな舞台で活躍を!】

小学校からバレーボールを始め、その後ビーチバレーの世界で活躍。2010年全日本ビーチバレー女子選手権大会優勝、2年連続JBVツアー年間総合1位という経歴をもつ尾崎選手は、自転車競技未経験者を対象とした適性試験を受験し競輪界へ飛び込みました。 旧・日本競輪学校入学後は自転車の才能を開花させ、学校生活1年の集大成である卒業記念レースで優勝し注目を浴びました。そして、2015年のデビューからわずか2年程で100勝以上を上げ、2016年と2017年にはガールズ選手の目指す夢のレース「ガールズグランプリ」に出場を果たす等、目覚ましい活躍をとげています。

尾崎 睦(神奈川・108期【女子4期】)

選手候補生の高校・大学時代の運動競技歴

※高校・大学時代の運動競技歴を参考にしています。

【115回生(男子)】69名中25名が
他競技を経験

野球 10名
陸上 5名
アメフト 2名
バスケット 2名
サッカー 2名
バドミントン 1名
スピードスケート 1名
水泳 1名
バレーボール 1名

【116回生(女子)】21名中10名が
他競技を経験

陸上 3名
バレーボール 2名
サッカー 1名
柔道 1名
サッカー 1名
トライアスロン 1名
バスケット 1名
テニス 1名

【117回生(男子)】72名中27名が
他競技を経験

野球 15名
バスケット 3名
バレー 3名
スピードスケート 1名
サッカー 1名
弓道 1名
ウェイトリフティング 1名
スキー 1名

【118回生(女子)】21名中15名が
他競技を経験

バスケット 3名
陸上 3名
バドミントン 2名
BMX 2名
ソフトテニス 1名
空手 1名
バレーボール 1名
ビーチバレー 1名
剣道 1名